スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

福岡県にコウノトリ飛来

  • 2008/12/28(日) 06:29:57

西日本新聞の記事でこんなトピックみつけたんで
UPしときます。
なんでも兵庫県立コウノトリの郷公園を6月に巣立った
国の特別天然記念物コウノトリ一羽が、福岡県大牟田市の
ため池に飛来、優雅にエサをついばんでいらしい。
自然界でのふ化に成功し、巣立った8羽のうちの1羽げな。

このコウノトリは8月に長崎県佐世保市で発見され、
その後は広島、島根、岡山各県を次々と移動して、
11月21日に大牟田市に飛来したのが確認された。
その後、1カ月以上逗留(とうりゅう)しているらしい。

コウノトリを野生の状態で見たことある?・・ないよね。
我が家から大牟田市は約1時間くらいなので、
もうしばらくしても逗留してるようなら見学に行こうかなぁ

スポンサーサイト

巨大イノシシ・・もののけ姫の世界

  • 2008/12/27(土) 07:20:19

映画もののけ姫の中で巨大イノシシ神(乙事主)をおぼえてますか?
あんな大きなイノシシさすがにおらんやろう・・・こう思った人も多いでしょう。
やっちんも同様でした。
ところが以前やっちんが山陰の山奥にイワナ釣りに行った時、川の上流の村
で知り合った古老に聞いたことだが「曾じいさんの話しでは大昔はこの山々に巨大な
イノシシが住んどったらしい、皆その大イノシシを皆恐れていたと・・・」
確かその古老90歳って言ってたから、おそらく曾じいさんは江戸時代生まれの人・・・
まるでもののけ姫のおとぎ話やんって思ってたらこんな画像見つけちゃいました。
伝承ってあながち作り話じゃないかもって今思う・・・・・・






ただしこの画像の信ぴょう性は定かではありまっせん・・・たぶん本物ばい。

122501.jpg

122503.jpg

こんなバッタがいるんだ・・・

  • 2008/12/26(金) 06:27:14

大阪府堺市の民家の庭で、ピンクと白と緑の色をしたバッタが見つかったげな

大阪市立自然史博物館の学芸員によると、「クビキリギス」というキリギリスの仲間の幼虫とのこと。

この虫は、カメレオンのように周囲の環境によって、体色を変えることができるとか?

それにしてもこの3色綺麗やねぇ~

水色とかにもなれるのかなぁ?


a0009186_14142312.jpg

ワニのこと

  • 2008/12/24(水) 04:47:51

昨日、静岡・東伊豆町の熱川バナナワニ園で、年末恒例のワニ放流池の大掃除が行われたげな。
このワニ園では、世界のワニ約200頭を飼育しており、ミシシッピワニやシャムワニなどの放流池を掃除したげな。
九州でワニといえば頭に浮かぶのは別府温泉地獄めぐりの「鬼山地獄」やね。
はじめてここへ行ったのは小学生の修学旅行野生大好きなやっちんにとっては
大興奮ものやった。
つい先日も温泉がてら巨大ワニに会ってきたばい。

tsrhrjtr.jpg




夜の昆虫採集

  • 2008/12/23(火) 21:19:04

やっちんの場合、クワガタやカブト採集するのは
おおむね夜ですな。
クワガタなら夜の8時頃から10時頃・・・
カブトならそれ以降の時間夜明けまで採れるよね。
ただしノコギリやミヤマは日中でも比較的
見つけることができますね。
ノコギリはペアでいることが多いのでラッキーです。
来年は大型のミヤマとヒラタ狙いで楽しもう!!





ザリガニの話し

  • 2008/12/22(月) 17:52:18

やっちんは子供の頃ちょっとした釣り名人だった。
ターゲットは様々だったけれどもザリガニ釣りは譲れないところがあった。
自転車でいける範囲にある川や池、沼、水たまりは熟知していてどの季節は何処で
何が釣れるまで把握していた。
当然この知識を頼る遊び好きな少年達はやっちんの周りに集まった。
そんなある日他校の児童からとてつもなく大きなザリガニが
釣れる川があるとの噂を聞きつけ皆でその川へ、川と川が
合流する周辺にそれがいるという・・・
確か4人で夢中になってがんばったがいっこうに引きもなく
姿も見えない・・・もう止めようかと思っていたころ、今まで
にない重さの引きを感じた、ゆっくりゆっくりと糸をたぐると
小型の伊勢エビくらいのアメリカザリガニが姿をあらわし
餌から手を放し再び川へとゆっくり戻っていった。
これを見て皆大興奮!!
やっちんは釣るのがもどかしくなり靴を脱ぎ捨て川の中へ
皆も後に続いた。
しばらしく手探りでザリガニがいそうな場所をチェックしてたら
つかみました丸々とした甲羅!やっちんは雄叫びをあげて
水中から引き抜きました・・・これでか~い!
ハサミが皆の誰よりの指より長く、ロブスターのような厚み!
そのあとやっちんが水中のガラスを踏み大量出血大騒ぎに
なって友達の家まで引き返した・・・良い思い出ばい。

最近小学生の同窓会がありその話題になりところで
あのザリガニの体長はどのくらいあったろうかとう話しになった時、
昔から冷静な友人がやっちんが怪我して帰る間際、かばんに差してた
30㎝ものさしで計ったら・・・頭からしっぽの先までで、
そのものさしとほぼ同じだったとか・・・・・・・・


その後やっちんは何度かその川へ通ったけど、あれ以上のザリガニが
釣れることはなかった。
なにゆえあそこまで大きなザリガニになったのか、合流している川の
上流に屠殺場があった・・・たぶんこれが彼らの大きさに何か関係が
あるのかも・・・・・・



キーワードアドバイスツール





ビオトーブ

  • 2008/12/22(月) 08:02:05

ビオトーブに関して気になる記事をみつけたので
紹介しときます。
和歌山県の田辺市と天神崎の自然を大切にする会が整備したビオトープで、
アメリカザリガニの繁殖が確認された。

同市本宮町「皆地いきものふれあいの里」にある湿地「ふけ田」では
ザリガニが繁殖して在来の水生生物に打撃を与えているらしいけど
在来って何が生息しているか知りたいけどね・・・・・

関係者によれば「人為的に放された可能性が高い。
ふけ田の二の舞いは防ぎたい」と心配している。
ここには放流してはいけない生物の立て看板なんか当然あるんだよね?
そこんとこはっきりしとかんと今時ザリガニといえばアメリカザリガニなんで
逃がすことが自然破壊とは思ってないかもよ・・・







トキの放鳥

  • 2008/12/22(月) 06:50:42

トキのことは小学生のころ学校で学んで以来
頭の隅っこにいつもあった気がする。
この鳥が絶滅するかもしれないと聞いたからだろう・・・・
そんなトキを人工繁殖させ、野生に帰すために、
新潟県佐渡市の佐渡トキ保護センター野生復帰ステーション
近くの水田でトキ10羽を試験放鳥した。
昭和56年に最後の野生5羽を保護のため捕獲して以来、
27年ぶりにトキが日本の空を舞ったげな。
残念ながら既に1羽の死亡が確認されたらしいけどね・・・

トキのことはこれからも時々追記しますばい。


ポイント型無料ホームページサービス「デジデジ」

オオクワブリード 幼虫その後

  • 2008/12/03(水) 07:19:16

現在菌糸ビン2本目への交換をやってますが
今のところそれほど期待できる個体は無さそうですね・・・・
最大で16グラムなので2ヶ月後に20グラム、蛹化までに
どこまでいくか?
80㎜の個体になる目安は最低でも28グラムって何か
で読んだ気がしますが・・・いかがでしょう??



今大人気らしいよ
    

どこよりもたまる! 高還元ポイントサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。